商品レビュー&雑記

100均ルアーって釣れるの?疑問解消!DAISO、セリアのおすすめルアー&インプレ、おすすめカスタムまで

100均ルアーって釣れるの?疑問解消!DAISO、セリアのおすすめルアー&インプレ、おすすめカスタムまで

最近では100円ショップのDAISOやセリアでも釣具が買えるようになりました。

「100円ショップのルアーが本当に使えるの?」と思う方も多いと思います。

 

閲覧ありがとうございます。KAZUYAです!
釣り歴は約10年程でバスから始まりリバーシーバスを経由して現在はライトソルトゲームをメインとしています。

 

今回は、「100均ルアーってホントに釣れるの?!」と感じている人向けに、本当に使えるDAISO&セリアのルアーをインプレと合わせてご紹介し疑問解消していきたいと思います!!

どうぞ最後までお付き合いください♪

 

100均ルアーって釣れるの?疑問解消!おすすめルアー

▼DAISO&セリアのルアーについて

 

現在DAISOやセリアではプラグ類から餌木、メタルジグなど様々なルアーが発売されています。

 

初期の頃は「流石に、、、」なんて物もありましたが、今では釣具屋さんで買うよりもコスパに優れたものもあります。

 

それらを主観ではありますが、ランキング形式でインプレと合わせてご紹介したいと思います。

 

100円ショップ釣れるルアーランキング

◆1位【DAISO】マイクロメタルジグ5g、3g

マイクロジグ

 

一時期、売れ過ぎて店頭からなくなったこともあるDAISOのマイクロメタルジグです。

オーソドックスな形状をしていてカラーも◎

メジャークラフトのジグパラマイクロに近いものがあります。

 

ダイソー マイクロジグの使用感

 

使用している材質のせいなのか、ただ巻きでは少し大人しめのアクションですが、フォールはメーカーの商品に引けをとりません。

フロントにアシストフックとテールにトレブルフックが付いているので購入からそのまま釣り場で使用することもできます。

 

完成度、使用感、コスパと文句の付けようのない商品です。

 

 

◆2位【セリア】マイクロメタルジグ5g、3g

マイクロジグ

 

DAISOと同じマイクロメタルジグです。

実はセリアのマイクロメタルジグは初期の物と現在の物とでは形状が違います。

初期の物はダイワのプリズナーに近い物で、現在はオーソドックスなセンターバランスの物になっています。

 

マイクロジグ

※上が現行モデル。下が初期のものでダイワのプリズナーに似ています。

 

初期の物はフォールでは使いづらく巻きをメインで使うと良いでしょう。

現在の物はひらひらとフォールするので、フォールをメインにすると良いかもしれません。

 

マイクロメタルジグとしての基本性能は備えていてフックも標準装備なのがとても嬉しいです。

 

ただ使用に問題はないのですが、塗装や製品クオリティのバラつきが少しあるのがマイナポイントです。

 

◆3位【DAISO】シンキングペンシル60mm、80mm

シンキングペンシル

 

2021年にDAISOから登場したシンキングペンシルです。

大人しめのロールアクションが主体でメバルやシーバスなどにおすすめです。

カラーも今までのDAISOのルアーよりもキレイになっていてイワシカラーとコットンキャンディーの二種類があります。

 

フックも付いてはいますが、こちらは交換した方が無難かもしれません。

小型の物は問題ないのですが大型魚になると少し心もとないです。

 

プラグとしての完成度は今までのルアーの中でも一番ではないかと思うくらい良い出来になっています。

 

 

◆4位【DAISO】ソルト用ジグヘッド各種

 

コアマンのVJに似ていると話題になった商品です。

一時期、店頭からなくなったり高額転売されたりしていました。

 

実際、比較的にコアマンのVJに近いアクションをするのでシーバスにはもってこいのジグヘッドです。

 

最近では店舗にちゃんと置かれる様になりました。

 

◆5位【ダイソー】メタルバイブレーション

メタルバイブ

 

2022年に発売されたダイソーのメタルバイブレーションです。

 

DAISOのメタルバイブと比べて、セリアの物の方が小粒で飛距離も出しやすく安定したアクションをします。

 

まだ発売されて日が浅いため手に入りづらいのが難点ですがおすすめです。

 

◆おまけ

100均ルアー、メタルジグ

ランキングとは別にDAISO&セリアから出ているものに18〜40gのメタルジグが数種類でています。

ライトショアジギングなどにぴったりです。

 

フックは交換することをオススメしますが、どうしてもロストの多くなるルアーですので、100均メタルジグシリーズはおすすめです。

 

100円ショップのルアーを使うにあたってのデメリット

 

おすすめのルアーをご紹介させていただきましたがDAISO&セリアのルアーを購入する際の注意点があります。

・注意点1:個体差がある

 

これは100円ショップでは仕方ないことかもしれませんが結構、個体差があります。

ラインアイやリップが曲がっていたり、ウエイトが動かなかったり、、

 

大まかな個体差は、購入する時点である程度、確認することができるので確認することをおすすめします。

 

・フックやスプリットリングが弱い

 

特にトレブルフックですが錆びやすく、強度もいまいちです。

針先が甘いこともしばしば。

魚との接点になるので基本的には交換をおすすめします。

 

アシストフックは強度も強く、錆びに弱いと感じたことはありませんが針先だけは注意した方がよいです。

 

針先だけ気になる方はシャープナーで磨ぐことをおすすめします。

 

・塗装が弱い

100円ショップルアー

 

特にメタルジグですが塗装は弱いです。

数時間投げていると丸裸になるくらい弱いです。

 

これだけは仕方ないと割り切ることが必要かもしれません。

 

100均ルアーおすすめのカスタム

 

もちろん購入時そのままでも問題なく釣れます。

ですがカスタムすることによって使い方に幅を持たせたり、愛着がわいたりします。

ここからは、おすすめのカスタムをご紹介します。

 

◆ブレードチューン

ブレードチューン

 

テールなどにブレードを付けるだけのお手軽チューンです。

お手軽ですが効果は抜群でメタルジグなどではアピール力が上がります。

 

バイブレーションやプラグなどではアクションを抑える効果もあるので一度試してみてください。
created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥308
(2022/09/25 23:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

◆フック交換

フック交換

 

基本的にDAISO&セリアのトレブルフックは針先が甘く弱い物が多いので交換をおすすめします。

交換するだけで、

  • バイトがあるのにかからない
  • あと少しの場面でフックアウト!!

 

など悔しい思いをすることが激減します。

また錆びなどの対策にもなります。

 

◆トップコート

トップコート

 

特にメタルジグ類になりますが基本的に塗装が弱いです。

塗装がすこしくらい剥げても問題なく釣れますが、使用前のルアーにトップコートをするだけでかなり長持ちします。

 

トップコートはウレタンやマニキュアのトップコートなどがお手軽でおすすめです。

 

▼まとめ

 

クオリティの部分では劣る部分もある100円ショップのルアーですが実際に使えるものも多くなってきました。

また低価格なので人それぞれのオリジナルのカスタムをすることで愛着もわきます。

 

まだまだ新しい商品が販売されるという情報もあります。

是非この機会に一つ手に取ってみてはいかがでしょう。

 

使い方は無限大。100円ショップで揃える釣り道具9選!ファミリー・釣りガールも必見!

「これって近場のホームセンターとかで代替え出来るのでは!?」と思う釣り道具は少なくありません。そこでこの記事では、100円ショップで使える釣具を釣具店での購入価格と比較しながら紹介していますよー。いますぐチェック!