釣行記

沖縄の街中で釣りをしてみよう♪2月〜3月、冬~早春に沖縄旅行ついでにショアから釣れる魚。【ホシミゾイサキ(ガクガク)編】

ホシミゾイサキ、ガクガク

ホシミゾイサキ(ガクガク)

ガクガクの特徴

ホシミゾイサキ(出典:WEB魚図鑑)

・沖縄独特の魚で、チヌに似たような形です。

河口や河川(汽水)では一年中狙える魚。

比較的簡単に釣ることができる魚なので、街中に流れる河川で釣りをするストリートフィッシングでの対象魚として好まれています。

地元アングラーの話しでは2月の冬の沖縄でも釣れているとのことだったので、狙い方のコツをマスターすれば年中釣ることができます。

 

ガクガクの釣り方

 

f:id:morio_style:20190220170653j:image

基本的には街中の汽水域の河川で釣りをしたほうが釣れる確率は高いようです。
おすすめのリグは直リグで、これをひたすらボトムずる引きで使います。
コツはナス型おもり4~5号と重たく大きめのものを使い、土煙をあげながら誘い出すことです。
ガクガクは底を意識している魚なためこの誘い方がもっとも効果的です。
ただ実際にやってみると難しいもので、シンカーが重いため根掛かりが多発します。
特に河川両岸際2m程は釣りにならないほどに引っ掛かります。
シンカーを1.5号まで落とすと根掛かりはだいぶ回避することはできますが、きちんと誘いをかけられているのか微妙なところです。

ワームはマルキュー「パワーイソメ」が鉄板です。

 

おススメタックル

ガクガク釣りにおいての、地元アングラー御用達のアイテムを紹介します。

 

マルキュー「パワーイソメ」
イソメなどの虫を触ることのできない人でも気軽に釣りを楽しめるようにしてくれた画期的なワーム。海釣りでは定番となりつつあるアイテムです。
このワームはガクガク釣りでも非常に有効で、沖縄でもほとんどの釣具店で手に入るのでオススメです。
使い方は、一匹まるまるだと長すぎるので半分にして、直リグにセットします。
フックは根掛かり対策をするならオフセット#4。誘い重視ならマス針の#1です。

「パワーイソメ」の注意点

  • パックの中に液体が入っているので、かなり注意しないとバックの中で漏れます。
  • ワームを外に出しっ放しにしていると干からびて使えなくなります(笑)

 

まとめ

ガクガク釣りは簡単なようで意外と難しい釣りではありますがコツを掴めば数を釣れる魚ですので、旅行時に少しの時間が空いた際はストリートフィッシングでガクガク狙いに挑戦してみてはいかがでしょうか。

沖縄で宿を探すなら・・・

沖縄で宿を探すなら【Booking.com】 が速くて安くておすすめですね♪

支払いは宿についてからするので、キャンセルもすぐにできるのが強み!

沖縄に限らず、旅先ではまずこのサイトをチェックするのが間違いないです。

沖縄でレンタカーを格安で借りたいなら・・・

 

全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

が数社の料金が比較できるのでおすすめです♪

会員なら常に25%OFFと会員価格で負けていないのはバジェット・レンタカー

要チェックです♪

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で