ヒラスズキのトリセツ

【ヒラスズキロッド実釣レビュー】ディアルーナS106MHキャスト性能最強説。シマノロッド

シマノ ディアルーナ

ご訪問頂きありがとうございます。morioです。

 

釣り竿を選ぶ作業って楽しいものですよね♪

ロッドを選ぶうえで大切なのは、自分にとって軽いものであり、振りやすいものであるということです。

さらに釣り竿を選ぶ際に目安にする事項は

  • 長さ
  • 調子
  • パワー
  • ロッド自重
  • 価格
  • 好きなメーカー
  • デザイン

などなどありますが、ヒラスズキ釣り用のロッドを選ぶ際には以下の観点も考慮していたほうが良いでしょう。

  • 釣場での足場の高さ
  • 地形
  • ポイントまでの距離
  • 自分の体力

ヒラスズキ釣りでは気象条件の悪い中で釣りをすることが多いので、ロッドの重要性は高く、リールは安物でもロッドは多少値が張っても自分の納得できるものを選んだほうが絶対に良いです。

今回は私の愛竿、シマノ ディアルーナS106MHを実釣インプレを交えて紹介したいと思います。

ヒラスズキロッド

 

 

シマノ ディアルーナS106MH

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥23,629 (2020/05/27 04:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

製品特徴

  • ハイパワーXブランクス

キャスト時やファイト時に発生するネジレをさらに抑え込む強化構造

  • マッスルカーボンブランクス

カーボン繊維を高密度に束ねることにより繊維間の隙間を大幅に減らし、その隙間を埋める樹脂を削減した高性能素材

  • 1年間メーカー保証
  • 自重・175g

 

私がヒラスズキ釣りでシマノ ディアルーナS106MHを選んだ決めては、シマノ製ロッドに絶対的信頼をおいているから!(笑)

というのが一番にあるのですが、実際に使用していて気に入っている点は、シマノ特有の軽いのに芯が通っていてシャキッとしたブランクス。

シャキッとしていながらも魚を掛けたときには曲がって追従してくれるという点です。

 

morio使用タックル

 

私のヒラスズキタックルは

  • シマノ ディアルーナS106MH

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥23,629 (2020/05/27 04:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

  • シマノ サハラ5000XG

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥6,958 (2020/05/27 04:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

という組み合わせです

ディアルーナ106MHとサハラ5000XGの相性は良く、持ち重りは感じません。


ディアルーナ106MHは3.2mと長いので、軽いリールを合わせるとバランスが崩れて扱いづらくなってしまいますが、サハラ5000XGだとジャストバランスですね。

この組み合わせで1年以上は釣りをしていますが、80cmクラスのヒラスズキはもちろん、突然の青物やタマンの強烈バイトにも対応できますし、磯歩きの時にタックルの重さを感じることもないので不満はありません。

ヒラスズキロッド

ディアルーナS106MH 実釣レポ

キャスト性能

長くて張りが強いロッドであるため、強風下でも安定してロングキャストができ、なおかつ中~長距離のピンポイントキャストが決まりやすいのが特徴です。

このロッドは悪天候であればあるほどに性能を発揮しやすいと実際に使用していて感じます。

ディアルーナ106MHを使う以前はシマノ Game AR-C 1006mを使用していたのですが、ピンポイントへのキャスト性能はディアルーナのほうが圧倒的に高くなり、正直驚きました。

そして旧モデルよりも現行ロッドのほうが圧倒的に軽く、持ち重り感がありません。

 

この竿の特徴は長くて張りがあることです。

その為、キャストにはどうしても慣れが必要になります。

これは軽いルアーであるほど顕著になります。

 

耐久性

ヒラスズキ釣りにて月に5〜10日程使用していますが、1年半以上使っても故障や不具合は出ていません。

さらに何度も80cmクラスのヒラスズキや青物、70cmオーバーのタマンを釣り上げていますが竿が折れたことは一度もありません。

 

対大型魚

 

ブリ

ブリ

ヒラスズキ

ヒラスズキ

 

タマン

五島 タマン

 

ショアジギングロッドと同等レベルでは大型魚をグイグイとパワーファイトで寄せることはできませんが、ロッドパワーは十分なもので、大型魚の強烈な走りには無理に寄せようとはせず、タメで凌いでいれば勝手に魚が浮いてきますよ。

ディアルーナ106MHの欠点

長所の裏返しとなるのですが、

  • 硬く長いロッドなので近距離でのアプローチが難しい
  • 近距離ではトップウォータープラグが飛んでしまいやすい
  • ミノーのジャークなど小技は効かせにくい

 

ハイプレッシャー場でのピンポイント勝負であれば10ft前後のミディアムクラスが効果的です。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥38,530 (2020/05/27 11:46:03時点 Amazon調べ-詳細)

こんな人にオススメ

  • 強風下でもバシバシロングキャストを決めたい人
  • 軽量ロッドを選びたい人
  • 不意の青物バイトに対応したい人
  • 一年間保証を得たい人
  • シマノ製品が好きな人

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥23,629 (2020/05/27 04:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

 

私がヒラスズキ釣りにおいてロッドに求めるものは

  1. キャスト性能
  2. 適度な長さ
  3. 軽量性
  4. 値段と性能の折り合いが良い物

というところでしょうか。

シマノ ディアルーナS106MHはこの条件を満たしている私のお気に入りのロッドです。

ヒラスズキロッド

シマノ製ロッドの技術の高さには使うたびにありがたさを感じますね。

個人的感想になるのですが、今までに、シマノ製ロッドで魚とのファイト時に竿が折れたことがないというのが信頼をおく一面です。

もちろんシマノ製ロッドは決して折れないというわけではなく、自分の不注意で竿を折ってしまったことは何度でもあります。竿を折った時のショックはとても大きいもので、いつまでも覚えているものです(笑)

 

この記事があなたのロッド選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ディアルーナ106MHにセットして使用しているサハラ5000XGのレビュー記事もあります。要チェックです!