ルアーフィッシングのトリセツ

【静岡】沼津でのおすすめ釣りポイントはココ!釣り禁止場所に注意して!!

Fishingstyle

静岡の釣り情報はおまかせあれ!!
静岡県出身、静岡在住のmatsuです。

今回、サビキ釣りから、カツオやチヌ・シーバスまでもが釣れちゃう、静岡は沼津のおすすめ釣りポイントを紹介していきたいと思います!

沼津でカツオが釣れる場所って意外とみなさん知りませんよね?!

この記事では釣り好きなmatsuが長年、足で稼いできた情報をもとに、厳選した釣り場を紹介していきます。

ぜひ沼津でサビキ釣りやルアーフィッシングにチャレンジしてみてくださいね。

まずは沼津をご紹介!

沼津とは

静岡県沼津市は静岡県東部に位置する港町です。

沼津 狩野川

駿河湾に面した沼津はたくさんの釣りポイントがあり、連日県内外からも多くの釣り人が訪れます。

そんな沼津での釣りおすすめポイントはどこなのでしょうか?

また沼津で釣りをする際の注意点はあるのでしょうか?

 

沼津でのおすすめ釣りポイントはこちら!

沼津では港や堤防が多く、たくさんの釣りポイントがあります。

そんな沼津で釣り大好きな筆者の厳選、釣りポイントを一つ一つ紹介していきます!

 

静浦港

まず沼津のおすすめ釣りポイントとして挙げられるのが静浦港です。

静浦港では沖合に対して並行に伸びた堤防が特徴的な港です。

こちらの堤防は潮通しが良い上、水深が深いポイントとなっています。

なので夏のシーズンになると青物の回遊が多く、カツオなども多く釣れるポイントとなっています。

 

沼津の中でも人気のポイントになっているため、シーズンの土日などはすぐに堤防は人でいっぱいになります。

駐車場は少し離れているのと、堤防自体も長いので、場所取りが遅れると結構な距離を歩くことになるので注意をしましょう。

もしのんびりと釣りをしたい場合でしたら内湾側での釣りがおすすめです。

こちらは外湾の堤防に比べたら人も少なく、のんびりサビキ釣りを楽しむことができます。

ちなみに静浦港ではルアーが禁止になっているので注意が必要です。

釣りをする際には遠投カゴ釣り仕掛けの方が多く、餌の準備を忘れないようにしましょう。

遠投カゴの定番といえばコレ!

低価格ながら遠投性能が優れています

created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
¥1,358
(2022/05/25 23:49:53時点 Amazon調べ-詳細)

沼津港

沼津の中で最も大きな港である沼津港も人気の釣りスポットとなっています。

沼津 狩野川

沼津港で釣りができるのは巨大冷蔵庫近辺、水門近辺、狩野川河口となっています。

 

巨大冷蔵庫近辺では足場がしっかりした護岸で釣りをすることができます。

ファミリーでのサビキ釣りやヘチ釣りでの根魚狙いをすることができますよ。

水門や狩野川河口では狩野川の真水が混じる汽水域となっています。

なので豊富な魚が溜まりやすく沼津港の中でも人気のポイントです。

特にチヌ狙いやシーバス狙いのアングラーが多く、ルアー釣りをしている人が多いですね。

特に狩野川河口ではメーター級を狙える人気のシーバスポイントとなっています。

私が沼津で使う、定番のシーバスルアーはシマノの

「サイレントアサシン フラッシュブースト」です!

バツグンの飛距離とゆっくり巻いてもアピールし続けるフラッシュブースト機構が他のルアーにはない圧倒的な強みです!
ぜひお試しあれ。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,645
(2022/05/26 00:31:29時点 Amazon調べ-詳細)

足保港(あしぼこう)

沼津南西部にある港、足保港も人気のポイントです。

こちらは沖合に向かって出る突堤になっていて全体的に整備された港となっています。

駐車場やトイレなども完備されているので、初心者にも安心ですよ。

足保港では餌釣りはもちろん、ルアーフィッシングをすることもできます。

ショアジギングでの青物釣りやアオリイカシーズンでのエギングが人気となっています。

足保港でエギングするならこのエギ!

エギ王ライブ2.5号・3号

エギ王シリーズのベーシックモデル!
小型イカやハイプレッシャー時にも対応するダウンサイジングモデルの2.5号・3号がどんな状況にも使えてオススメです!

created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
¥1,118
(2022/05/25 18:35:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

このように沼津ではたくさんの釣りポイントがあるので、

お気に入りのポイントを見つけてくださいね。

 

沼津で釣りをする際の注意点

沼津で釣りをする際ですが、いくつか注意点があります。

 

立ち入り禁止区域には入らない

釣りをする際には立ち入り禁止区域には入らないようにしましょう。

 

上記の例で言うと、沼津港は立入禁止区域が多く、釣りも限られた場所しかありません。

 

しかし筆者が子供の頃はもっと沼津港は釣りができる場所が開放されていました。

ですが釣り人のマナーの悪さによって今は限られた場所でしか釣りをすることができず、今後も場合によっては沼津港での釣りはできなくなる可能性があります。

立入禁止区域に入って釣りをすることはトラブルの原因にもなります。

釣りをする際には決まった場所で漁業関係者の邪魔にならないようにしてくださいね。

 

ルールを守る

沼津では静浦港を初め、ルアー禁止の場所がいくつかあります。

ルアー釣りは楽しいですがロストをするとそれは海のゴミになってしまいます。

そのようなゴミの多さから、後からルアー禁止になっている場所が多くなっています。

 

ルールを守らないで釣りをしていると釣り禁止になったりトラブルになる可能性もあります。

その結果、今ある釣り場も閉鎖されていき、最終的には沼津でのポイントがほとんどなくなってしまうことも考えられます。

 

なのでルアーが禁止になっているところではルアーは使わず、

餌釣りを楽しむようにしてくださいね。

 

ゴミを残さない

こちらはアウトドアをする際の何よりのマナーですよね。

釣り場に針や糸などを残すと人が怪我をする恐れがあるだけでなく、

動物に絡みついて怪我をさせてしまうこともあります。

 

釣り場を残すためにも、そして自然を守るためにも、

釣りをしたら必ずゴミは持ち帰って釣り場を綺麗にして帰るようにしましょう。

 

まとめ

沼津市は静岡の中でも豊富な海産資源を誇り、釣りポイントもたくさんあります。

しかし、それらの釣りポイントで釣りを楽しむ際には、しっかりルールやマナーなどの注意点を守るようにしましょう。

 

ルールやマナーを守らないと、沼津での釣りポイントがさらに減ってしまっていく可能性があります。

 

ルールやマナーを守り、楽しく釣りをすることで、沼津のみんなの釣り場を残していくようにしましょうね。

 

静岡在住matsuによる、おすすめ釣り場情報

静岡で青物が釣れる場所教えます!釣れるショアジギングポイント!

以下の記事も合わせて、釣り場選びの参考にしてみてください。